M1 MacにMeCabとRMeCabをインストールする方法

M1 MacにMeCabとRMeCabをインストールする方法

M1 MacにMeCabとRMeCabをインストールする方法とその注意点を紹介します。自分は、RMeCabのコードを走らせようとすると「R Session Aborted」という表示が出て、大変困ったので対処法を共有しておきます。

MeCabのインストール

XCodeコマンドラインツールのインストール

xcode-select –install

まず、ターミナル上で、XCodeのコマンドラインツールをインストールします。RStanやCmdStanユーザーで既にインストールしている場合は、スキップしてOK。

MeCab本体と辞書をダウンロード

MeCab
MeCabの公式サイトからMeCab本体①とIPA辞書②をダウンロードします。ダウンロードフォルダに入れておいてください。

MeCab本体のインストール

#ターミナルでパスを通す
cd ~/Downloads

#MeCab本体を解凍し、解凍したフォルダへパスを通す
tar -xvf mecab-0.996.tar.gz
cd mecab-0.996

#UTF-8に指定してインストール
./configure --with-charset=utf8
make
make check
sudo make install

ターミナルを使って、MeCab本体をインストールしていきます。肝はUTF-8に指定してインストールすること。デフォルトだとEUC-JPなので、おそらく文字化けします。それを回避するために、UTF-8に指定します。

IPA辞書のインストール

#ターミナルでパスを通す(上で通していれば不要)
cd ~/Downloads

#IPA辞書を解凍し、解凍したフォルダへパスを通す
tar -xvf mecab-0.996.tar.gz
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801

#UTF-8に指定してインストール
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801
./configure --with-charset=utf8
make
sudo make install

これで辞書のインストールも完了します。

RMeCabのインストール

M1 Macユーザーの場合、M1対応のRとRStudioを使用する

RStudio
M1 Macユーザー向けにApple Siliconに対応したRとRStudioが登場しています。「R Session Aborted」と出てしまう人はこれで解決します。

M1ユーザーの場合、Rは”R-4.1.1-arm64.pkg”をインストールしましょう。RStudioもバージョン1.4.1717からM1 Macに対応しています(Rのバージョンアップと共にRStudioもアップデートする必要があります)。

RMeCabのインストール

#インストール
install.packages(“RMeCab”, repos = “https://rmecab.jp/R”, type = “source”)

#テストする
ibrary(RMeCab)
res <- RMeCabC("すもももももももものうち")
unlist (res)

これでインストール完了。RMeCabを動かしても、落ちずに動作するはずです。

参考にしたサイト

Mecabインストールで文字化けた場合の対処法 - Qiita

この記事について MecabをMacにインストールしようとしたときに、結果の文字…
qiita.com